ドイツの犬 ドッグスクール

【犬の3大快楽をコントロールする】ドイツのドッグスクール③

「犬のしつけ」と検索をかけると、「吠える」とか「噛む」とか色々出てくるのを見ると、ああ、問題行動を改善するために苦労しているのは自分だけではないのね、と安心…している場合ではありません。せっかくドイツという、犬と人間がほぼ同じ暮らしをすることができる国に住んでいるのだから、守るルールを守ってのびのび生活したい。

ベルリンのドッグスクール Zwanglos 校長・ステファンが前回教えてくれた、犬が飼い主にされて嬉しいこと3つ。

前回はリアがコマンドを無視する原因を探り、リアにとってこの3大快楽が無条件に満たされていたからだということがわかりました。

犬が飼い主から得られる3大快楽

 1. 餌をもらうこと
 2. おもちゃで遊ぶこと
 3. スキンシップやアイコンタクトを与えられること。

トレーナーのステファンは圧をかけて犬を従わせるということを絶対にしません。犬の好奇心や欲求をうまく活かしてトレーニングする方法を教えてくれます。

今回は、この3大快楽をコントロールし、飼い主のコマンドに注意を向けるようにする方法を学びました。

ステファンのアドバイス通りにトレーニングすると、あっという間に色々できるようになりました。すごい!

↓今までの経緯↓

 

餌をご褒美にする方法

犬が腹ペコな状態の時にトレーニングすべし

リアは朝晩、家の中で1日2回ごはんを食べています。そのごはんを細かくして持ち歩き、家や外でトレーニングしながらご褒美として少しずつ与えるのですって。色々とできるようになったら、また家で今までのようにごはんを食べさせれば良いそうです。

犬はお腹が空いているから、飼い主のコマンドに注意を向け、一生懸命こなそうとする。「餌をもらうこと」は犬にとって「嬉しいこと」です。これを繰り返していくことで「コマンドを聞くこと」=「コマンドに従うこと」=「楽しいこと」としてインプットされ、そのうちご褒美なしでもコマンドをこなすようになるそうです。

とにかく、トレーニングを楽しいこととしてインプットしていくんだ。もちろん、できるようになればそこまで厳密にしなくて良いからね。

ぜひやってみたい!うちはドライフードとウェットフードを半々で与えているけど、全部ドライにした方が良い?

詰め替え式のチューブが売っているから、ウエットフードはミキサーなどで細かくしてからチューブに詰め替えて持ち歩くといいよ

※当時は市販のウェットフードを与えていました。(現在は生食です)

難易度に合わせてご褒美のレベルを変えるべし

例えば、

・Sitz (おすわり) が出来た時はドライフードを1つ
・Platz (ふせ) が出来た時はドライフードを2〜3個
・Komm (来い)が出来た時は大好きなウエットフードをチューブから与える

このように、難しいことほど美味しいご褒美をたくさん与えることで、ますます「コマンド=嬉しいこと」が定着してトレーニングを喜ぶようになるのだとか。

もうね、話を聞きながら早くやってみたくてたまりません。
ステファンの話はまだ続きます。

おもちゃをご褒美にする方法

自由にしていいおもちゃは1つだけにすべし

リアが部屋で自由にできるのは1つ。あとは仕舞うように言われました。これも、トレーニングの成果が出てきたら、そこまで徹底しなくても大丈夫だそうです。

自由にできるおもちゃが10個もあるなんて、それこそクイーンの象徴だよ。

知りませんでした。つい、買ってきて増えちゃうんですよね…。

一番気に入っているおもちゃこそご褒美にすべし

一番気に入っているおもちゃ、それはたいていヨダレでデロデロになっているおもちゃ…。我が家の場合はボールがそれにあたります。その、一番喜ぶおもちゃこそ犬が自分で出せない場所にしまい、家の中でトレーニングが成功した時のご褒美にするのだそうです。本当に効果あるのかな?やってみなくてはわかりませんね。

スキンシップをご褒美にする方法

犬が寄ってきても最初は無視をすべし…!?

こちらが触りたいと思った時と褒める時にスキンシップをする。

そんな無情なことをステファンが言いました。

正直めっちゃ自信がありません先生!

そりゃそうだよね。じゃあ聞くけど、リアはこちらが触りたい時に名前を呼んで、毎回来る?

・・・来ない時もたくさんあります!!笑

そうなんです。リアは誰にでも尻尾を振って寄っていくタイプではありません。気分屋と言いますか。自分が撫でてほしい時には擦り寄ってくるけど、そうでない時は迷惑そうにしますし、時には唸ったりします。そんな性格を捨てファンには見抜かれていました。

擦り寄ってきた時こそトレーニングすべし

絶対に触るな、撫でるなと言っているわけではありません。トレーニングのご褒美として撫でくりまわせば良いのです。

何度も繰り返しますが、三大快感を与えるタイミングをコントロールすることで主導権がこちら側に渡ります。すると犬は喜んで飼い主の言葉を待つようになります。やり方さえ間違えなければ、犬にとって決してストレスではないとステファンは言っていました。

撫でて欲しそうな時ほどトレーニングのチャンス。擦り寄ってきたらすかさずボス面をしてコマンドを出しましょう。だって撫でたいから!

飼い主に守られて暮らしていると自覚すると、犬にとっては安心できる生活を手に入れたことになるんだよ。

そんな風に言われたら、やるしかありませんよね。めんこいめんこいリアたんのために、母ちゃんも父ちゃんも一肌脱ごうじゃありませんか!よし、とりあえず試してみようかな。疑問に思ったらまたその時に考えれば良いものね。

で、具体的に何をやれば良いのかしら。ステファ〜〜〜ン!!(ドラえも〜〜〜ん!!)

はい、次回は犬に伝わる指示の出し方でございます。

-ドイツの犬, ドッグスクール