ドイツで犬の学校へ入学しました。その5【犬を呼び戻す】

Monday 27 April, 2020

※犬の学校シリーズ、ずいぶん時間が空いてしまいましたが、連載再開します。
※これは2018年秋の話です。
※当時は市販のウェットフードを与えていました。(現在は生食です)

前回は、犬を飼い主に注意を向けさせるための、初歩的なことについて書きました。部屋や車を出入りする時にきっちりおすわりをさせて、飼い主の指示に従う練習が必要だそうです。トレーナーのステファンからも、まずはこれが出来ないと犬を守ることができないから、絶対に一度たりとも例外なく訓練しなさいと言われました。

犬の学校シリーズ : 【その1】その2】その3】【その4】

さて。ステファンから「何か困っていることはない?」と聞かれたので、私たちは当時一番困っていたことについて質問しました。

それは、公園などでリードを外している時に「来い!」と呼んだら100%戻ってくるようになって欲しいということ。

その頃は、公園などで何かに夢中になっているリアに「来い!」と叫んでも無視されることがほとんどでした。他の犬に絡んでいる時も無視ですし、拾い食いをしている時なんて、もう絶対に邪魔なんてさせるものかという気迫で食っています。やめさせようと近づけば逃げる、私たちがわざと遠ざかっても追いかけてこない時さえあります。ずっとリードをつけていれば良いのですが、このドッグフレンドリーなドイツで、せめて1日に1度くらいはリードを外して運動させてやりたい、そんな葛藤と戦う毎日でした。

呼び戻しをしつける時、まず人間が2手に分かれ、交互に犬の名前を呼んで双方の間を犬が行き来する形で訓練を始めます。私たちも学校へ通う前、ネットで調べてその方法で練習し、リアが集中している時は呼び戻せるようになっていました。でも、上記のように、他のことに夢中になっている時にも呼び戻せるようにしたかったんです。

すると我らがステファンは、「簡単だよ」って言うではありませんか。ほんまかいな。あんなに他の犬や落ちている食べ物に心を奪われている最中に呼び戻すのを「簡単に」できるって言われても、ねぇ?

…とは本人には言わず(言えず)、黙って彼の話に耳を傾ける私たちでした。

☝︎犬を確実に呼び戻す方法

①犬のごはんを家で与えず、外出時にしても家の中にしても、しつけの時にのみ与えることを徹底する。つまり、お腹がぺこぺこの状態でしつけをすることが肝心。(その3【飼い主がボスになる方法】参照)

② 5m〜10mの長さの訓練用のリードをつけて、公園など、周りに人がいない場所で訓練開始。犬にとってお気に入りのご褒美(餌)も忘れずに。まずは近い位置から「来い」と呼んでみる。来たらすぐご褒美。

③ わざと他の遊びに夢中になっている時に「来い」と呼ぶ。来たらすぐご褒美。

※注意 指示は2回まで。2回「来い」と言って戻ってこなかったらリードを掴んで引き戻す。この時にご褒美は無し。

以上のことを明日からやってごらんと言われ、半信半疑でその日は帰宅しました。

さて。次の日。
この日から私たち飼い主も生まれ変わると決めました。お腹をすかせて皿の前でピシッとおすわりしているリアをスルーし、いつもは朝ご飯として与えているウエットフードをミキサーで攪拌し、持ち運び用のチューブに入れました。

まずは庭で長いリードをつけ、人間が2カ所に分かれて交互にリアを呼ぶ、という練習をしました。

うまくいった後、公園へ移動。リアをリードにつなぎ、門の前でお座りできたらチューブからちょろっと餌を出して舐めさせる。歩道を渡る時に「ストップ」と言って止まれたら舐めさせる。これを繰り返しながら徒歩数分の公園へ到着。

リアは早速芝生の上を走り回り、興奮しています。しばらくうろうろしていたと思ったら、誰かが芝生に捨てていった食べかけのジャンクフードを漁ろうとしているではありませんか!そこで、大きな声で呼んでみました。

「Komm!!」(来い)

すると、パッとこちらを振り返ったリアが一目散に私のところまで戻ってきたのです!家族一同、「おおおお〜!!」と歓声をあげてしまいました。すごい!ステファンすごい!もちろんご褒美も忘れずに与えました。

拾い食いはリアにとって最上の喜びでした。まさか、本当に戻ってくるとは!

拾い食い<飼い主

になったってことです。めでたく優先順位がアップしました。ま、飼い主というか餌に魅力を感じたんでしょうけど。

☝︎呼び戻しのポイント

・犬がお腹をめっちゃ空かせていること。
・飼い主が大好きな餌を持ち歩いていることを犬が知っていること。
・一語で簡潔にコマンドを出すこと。

大事なのはこれを練習し続けることだそうです。ある時期は出来ていても、犬は様子を見て手を抜くから、定期的に基本に戻って「2組に分かれて交互に名前を呼ぶ」練習はした方が良いとのことでした。

※「待て」ができる犬の場合は、待てをさせてから「来い」の練習でも良いそうです。

やれやれ。これでリアもしっかり私たちのところへ戻ってくるようになったし、公園でも思いっきりリードなしで走らせることが出来る。よかったなぁ。

……って思うじゃないですか。
めでたしめでたしって思うじゃないですか。

この後、私たち家族にさらなる試練が待ち受けているとは知らず、この時はただただ達成感に浸っていたのでした。アフォみたいな顔して。

【その6・緊急時の呼び戻し】へ続く。