ドイツで犬の学校へ入学しました。その4【飼い主に注意を向けさせる】

Wednesday 30 January, 2019

家庭でのしつけ3か条、
1. 餌は時間を決めて与えるのではなく、躾のご褒美として与える。
2. おもちゃは室内に1つだけ。
3. スキンシップはツンデレ方式で。 
を教わった私たち家族。今回は具体的な指示の出し方を学びます。

過去記事 : 【その1】 【その2】【その3】

トレーナーのステファン曰く、我が家のリア女王は飼い主の指示よりも自分の興味のあるものを優先させているから、まずは彼女の興味を飼い主に向けなくてはならないと。最終目標は、リアが常に飼い主の指示を待つようになること。これはとても重要なことなんだそうです。なぜなら、犬が迷子になること、交通事故に遭うこと、他人に噛み付くこと等を防ぐことができるから。それに加えて、犬はボスに従うことで何よりも安心する生活を送ることが出来、ストレスを感じずに済むからだそうです。

で、飼い犬に興味を持ってもらい、飼い主の指示を聞くことが犬にとって当たり前になるようにするための第一歩として、まずドアを開けて外に出る際にやるべきことを教わりました。(※おすわりと伏せが出来るようになってから)

☝︎部屋(車)を出入りする時

①リードをつける。
②ドアの前で「おすわり」の指示を出す。
③座ったことを確認してからドアを開ける。
 (※もし犬が指示を出す前に腰を上げたらすぐにドアを閉め、②からやり直す)
④人間が先に出てから「OK」や「GO」などの決めた指示を出し、外に連れ出す。
⑤ドアから出てすぐ「おすわり」させる。3秒以内にご褒美を与える。
⑥ドアを閉め、「OK」の指示を出し、一緒に歩き始める。

これを、家から出る時、車に乗る時、車から降りる時、とにかく徹底する。1度たりとも例外はありましぇん!犬は私たちの想像以上に賢いので、ぬるいやり方をするとすぐに付け込まれます。人間の子供と一緒ですな。

そして、もひとつ大事なのは

☝︎心の持ち方

・うまくできなくても叱らない。
・イライラしない。
・心を落ち着かせ、ボスは私なんだと全身で威厳を持って指示を出す。
・しつけを丸ごと楽しむ!

なんですってよ奥様。実際やってみると、指示を出すことよりも、うまく出来ない時に自分の心を冷静に保つことの方が難しかったです。そんでステファンに「あ、jucom今イライラしてるでしょ!うひゃひゃひゃ!」なんて笑われて余計にイラっと…ではなく、ちょっと肩の力が抜けたりして。とにかく根気よく、根気よぉーーーく毎日続けました。今はドアの前にちょこんと座って待ってくれるようになりましたよ!

犬をしつける時の心の持ち方は、何よりもステファンを見ているのが一番勉強になりました。うちの犬って警戒心が強いので、初めて会う大人、特に男性には全く近寄ろうとしないんですよ。なのにステファンには近づくし、彼の指示をよく聞くんですよね。なんでだろう?ってずっと不思議だったんですが、ある時気付いたんです。彼が犬を呼ぶ時はいつも笑顔で楽しそうに声をかけているんです。犬だけでなく人間の私まで「彼のところに行けば何か良いことがあるんじゃないか」と思えるくらい。

人間だって、イライラした怒った声で呼ばれたら、ああ、もしかして怒られるのかな、行きたくねーな、って思っちゃう。犬だって同じなんだなーと。そこに気づいてからは私もリアを呼ぶ時にステファンの真似をして、とにかく笑顔で「お嬢ちゃん、良いものあげるからこっちおいで!一緒に遊ぼう!」と半分変質者のような心で呼ぶようにしたら、驚くほどうまくいくようになりました。犬って本当に人間をよく見ているんですね。

では次に、指示を出してもうまくいかない時はどうしたら良いか。

☝︎犬が指示を聞かない時

・犬から顔を背けて無視をする。
・心の中でゆっくり5秒ほど数え、再度犬に向き合って指示を出す。
・指示ごとにジェスチャーを決め、必ずジェスチャーをつけて指示を出す。
・出来た時は3秒以内にご褒美!

イライラして何度もたたみかけるように指示を出してしまうことがありますが、絶対にやってはならないことだそうです。なぜなら、指示と行動が結びつかなくなるから。ってこれはいろんな本やサイトに載っているので、調べれば色々と詳しく出てきますね。

あとは散歩しながらちょくちょく名前を呼んで、目が合ったらご褒美、というのをやりました。これも最初は反応したりしなかったりで、いかに飼い主の地位が低いかを痛感させられました…トホホ。

以上、飼い主に注意を向けさせる編でした。この日は他にも細かいことを習いましたが、キリがないので私の心に強く印象に残ったことのみを記してみました。

しつけシリーズ、まだまだ続きます。次回はクララが立った!!!的な感動をした話。お楽しみに。